“クンニ変わるのがびいきという人妻(稼業奥様)とのセックス”

“42年齢の熟女人女の子(仕事女房)とセックスしてきたというダディーのPCMAXレビューです。恋人の人妻はクンニなるのがオススメスポットで、本人アソコを擦りつけてくると書かれていました。40才を超えたママの淫欲の強さというか、ムシャクシャレベルがしばしば分かるようなパッケージでした。

【PCMAXレビュー・37年齢ダディー(千葉県内)】
42年齢の人妻ちゃんに会ってきました。42年齢といえば、熟お母さんについてになるんですかね。人妻、というか仕事女房にとって真昼の日数というのは、恋人にも誰にもバレない、正しくやりたい放題の日数なんでしょうね。1まま武蔵浦和ターミナルでランデブーをしました。そしてありのまま駅前の旅館に行きました。事前にエッチな口論をかなりしてたのでスムーズな発達。旦那はクンニなるのがオススメスポットと言ってました。ただ恋人は主としてやってくれないらしいんです。だから今日は旦那が満足するまでクンニしてあげようと思っていました。シャワーを浴び終わった後は、少々ソファーでゆっくりとダイアログをしました。それから旦那をベッドに寝かせて、まずは肩などをマッサージしてリラックスしてください。自身はしょっちゅうマッサージからエッチをスタートさせるんですよ。それだけでその後のママの知覚ほうが至って違ってきますからね。そして何とかクンニです。股を凄まじく広げてみると、アソコは今シャワーを浴びたとは思えないほどの濡れ濡れ状態です。内股まで既に情愛液でやたら。まったく何もしていないのにこんなにも興奮してくれるはちょっと納得。大股開きさせられて最初はちょっと恥ずかしそうにしてましたが、ほんのり舐めると切替が入ったのかつぎつぎ積極的になってきました。自分でクリトリスの皮を剥いて「ココさらに舐めて」「よりきつく吸って」と具体的な申し入れを通じて来る(笑) そして二度と大胆になってきて、自身のヘアを掴んで自身の面持にアソコを押しつけてきて、上げ下げに擦りはじめました。顔面が情愛液まみれになりながら必死に舌を伸ばして舐めまくりましたよ。もはやこうなったらクンニというよりも、顔面オナニーという感じですよね。でもここまでされたことなんてないので、かなり興奮しましたけどね。そしてアソコをどんどん著しくザクザク擦りつけた事後、ビクンビクンと健康を引きつけさせてイってしまいました。イク前のすごい面構えと、イッた後のやさしく瑞々しいスマイルのギャップが何だかエロいなぁと感じましたよ。その後のセックスもとても熱く意欲いものでした。旦那も深く満足してくれたようです。性質も優しくて素敵なママだし、人妻だけどこれからもそういった間柄を続けていきたいなぁと思いましたね。”

“巡り合い類で知り合って主人の事を恋人よりもきつく信頼する人妻”

“45年代の人妻が書いているPCMAX評価です。意見が綴られているような奥深い内容の手帳です。主人よりもPCMAXで出会って4年になる恋人の事を強く愛していて、そして主人よりも深く信頼している、という目次ですね。そういった人妻は多いのかもしれませんね。

【PCMAX評価・45年代人妻(静岡県内)】
PCMAXで恋人に出会ってから4層くらいの日取りが経ちます。その4層の間で、別れたりまた一緒になったりを何回も繰り返しています。そして今では、ちゃんと付き合っているというわけでは無いんだけど、たまに約束して会うというなまやさしいコネクションに落ち着いていますね。たまのランデブーはいつもの旅館です。おつまみとビールを買って、のほほんとしながら色んなおしゃべりをするという感触。何時会っても自然体で、出会った内と何も貫く恋人。そして会ってない時でもいつでも私の心配してくれている、というのが伝わってくる。唯一私の事を怒ってくれる立場が恋人なんですよね。腐れ縁だといえばそうなのかもしれない。でもそんなことは再びどうしてでもいいと思えるような立場。恋人に「久々だな」って言われて、胸をポンって撫でられるだけで安心できるというか、それまでの疲弊や危惧がまるごと吹き飛ぶという感触。同い年なんだけど、何だか「兄ものの立場」という感触なんですよね。あんなコネクションをさらに続けてるって変だと思われるのかもしれません。でも4年間の付き合いなのに、再びますます昔から一緒にいるように覚えるのが不思議です。主人は結婚前に付き合っていた歳月を合わせると、いよいよ25層になります。一緒にいる時間は主人のほうが圧倒的に長いわけですが、でも恋人の方がすこぶる私の事を激しく理解してくれているハズです。私も主人よりも恋人の方を一番きつく信頼している。恋人も結婚しているし、ようやくこういうコネクションがどうしてなるわけでもないけど、恋人の立場がわたくしを救ってくれているのは当たり前事実です。こういうコネクションが続く以上、恋人の事を大切にしていきたいとしています。不純だと窺えるかもしれないけど、でも生活なんてどうしても全品が上手くいくものでもないですよね。”

“娘の友達の男性にも色欲してしまう好色溢れた人妻の告白”

“36年齢の人妻が書いているPCMAX体験談です。30年齢半分を過ぎた女の肉欲は凄まじい、は思い切り仰ることですが、そういう定理を証明するような人妻の正直が綴られた体験談ですよね。でもまぁ4か月もセックスしてなかったら誰もがそういった状態になってしまうね。彼氏が酷いんでしょう(笑)
【PCMAX体験談・36年齢人妻(岩手県内)】
コチラひと月くらい、また肉欲が出過ぎて困ってます。私の都合、周期的に肉欲が溢れすぎて一向に抑えきれない時期が訪れるんです。まぁだって直近でセックスしたのはもっと4か月くらいも前のことですから。むしろ4か月はキツイです。まぁその4か月前の目標も男性じゃないんですけどね。男性はもっと3年頃くらいはしてませんね。最近は健康に触れられたりする事も無という状態です。まぁこちらだってとうに触れたくも無いわけですが。果たしてどこからそんな風に歯車が狂っていってしまったんでしょうかねぇ。そんな感じで今は肉欲がトータルで溢れかえってるような状態です。こんなにも肉欲が溢れ出てくると、普通に生活するのも大変になるんですよね。次女を幼稚園に送迎する時に、次女の友達の親父が来てたりすると、はたしてもっと単に宿屋に連れ込んで恋しくなります。何か私、あんな錯覚を犯してしまいそうですよ(笑) そんな時は肉欲が出なくなる薬があったらいいのになぁなんて本気で思ってしまう。特に今はしたくてしたくてどーしようも薄い。そんな感じなので誰かお誘いしてくださいね。目下凄いアシストしますよ(^^)”

“おんなじ性癖のセフレと最高に涼しいセックスを味わう熟婦人”

“43年代の熟女人彼女が書くPCMAX感想です。セックスの最中の内描写なども赤裸々に書かれていて、ママ内はもよく分かりますね。
【PCMAX感想・43年代人妻(和歌山県内)】
自分はしなやかMです。近年、PCMAXで4ヶ月くらい前に知り合ってから定期的にお会いしている男性がある。その方と前日に宿屋に行きました。宿屋の客間に入ると、赤いベッドに、手錠がありました。それも仕方の手錠と脚の手錠のともがあったんです。とうにそれを見ただけでとても興奮してしまいました。ドキドキしてきて、アソコが疼くのを抑えられませんでした。まだ何もしていないのにアソコは濡れていて、ひいてはクリも立ってある。あたしは全然クリは大きくならない分類だとしばしばおっしゃるんですが、この時ばかりは大きくなっているような思いがしました。パートナーの方も、それを見てとうに興奮しているような感覚でした。とにかく性癖がおんなじパートナーはセックスあちらとして最高ですよね。そして一緒にベッドに側になり、主人が徐々に私の胸を揉みながら感じる乳首を舐めたり吸ったりしてくれました。今日はこれだけでももっと最高に感じまくりです。それからブラインドを通して、まずは仕方を手錠されて、そして足の手錠されました。両手と両足を拘束されたのは初めてだったんですが、いわば凄く興奮してしまいました。拘束されるとどうしてこんなに興奮してしまうんでしょうか。二度とアソコはぐっしょりでした。単に主人の商品をいれて欲しくてたまりませんでした。主人もいつもより興奮しているのは明らかで、楽しみながら、手錠をした鎖に、もう一度ロープを追加してきました。これで私の自由は完全に奪われてしまいました。主人が私の人体を弄り、そしてクンニしてくれました。舌で私のアソコを舐めたり吸ったりしてくれたあと、次に電マを主人が取りだしました。「あっ、あっ、禁止。正に再びダメー」とあたしは叫びながら、何回もイってしまいました。これ程叫んでしまったのはくらしで初めてだ。そして何度もイッた後に、主人の商品が私の中に入ってきました。主人の商品もいつもより大きくて、そしていつもより何ダブルも心地よく感じました。手足は、拘束された通り。あたしは気持ち良すぎてよだれを垂らしまくりです。よだれを垂らすなんてことも初めてでした。でもそういったレクリエーションが出来るっていうのも、きずながあるからですよね。最初は人体だけの縁から始まったコンタクトですが、今では内も主人に完全に奪われてしまっています。男は優しい人ではあるし、特に系が悪いという結果はないんですが、でもこんな事は絶対にしてくれないですからね。以前は感じていた男への負い目が最近はグングン薄れてきているのを感じています。”

“舐めてほしいと懇願する強烈にエロい人妻とのセックス”

“強烈にエロい人妻に出会い、セックスをしたという内容のPCMAX書き込みです。出会い系サイトを使ってると、エロい人妻に出会うことって果たして多いようですね。己「舐めてほしい」と誘ってくる人妻って何となく凄いですよね。
【PCMAX書き込み・42年齢ダディー(都内)】
この前の週末の夜のことです。ここの掲示板を見た人妻から「舐めてほしい」という、ど一直線な内容のメルアドがあったんです。そこでLINEIDを交換してラインで連絡を取り合い、0ご時世過ぎという深夜に会うことになりました。目標は人妻ですよ。人妻も最近は平気で深夜にわが家を出ることってできるんですね。待ち合わせて一気に宿屋に行き、そして広間入ると一気に、貪るようにキスしてきました。もうこの機会から強烈な婀娜さが伝わってきました。そして愛撫、それからご要望のクンニをたっぷりと時間をかけてしました。そしていよいよ組み込み。彼女はスムーズ位でも自分で腰を動かしていました。かなりきつい一回戦が終わった後、こちらはポーズしようと思っていたのに、全然休憩する時間も無く、キスしながら指マンをおねだりされました。「あっ!気持ちいい!なるほど更に!よりきつく動かして!」などと言いながら、自分の清々しいショップを探り当てるかのように腰を動かしている個性が心底エロかったですよ。こんなに醍醐味に貪欲な女性は一番何とかです。何かと細いご要望があるので(笑)、ともかく一所懸命頑張りましたよ。そして指マンでイクと、また一気に休憩することもなくコッテリフェラが始まって、依然さっき果てたばかりのチンコをビンビンにされて、自分から上に乗っかってきました。彼女は騎乗程度が一番好きな身構えらしいです。あまりにも著しい腰の振りにイキみたいになってしまったので、まず抜いてからゴムを付け、スムーズ程度、背後と身構えを変えながら突きまくりました。身構えを変えるごとに何度も何度も貪欲にイキまくっていましたよ。やっぱ今まで経験がないくらいの荒々しいセックスだったので、終わった後に疲れ果てて知らない間に眠ってしまったみたいなんです。パッと目が覚めると、既に彼女の様子はなく時間はすでに朝の7ご時世でした。慌ててスマホをチェックすると、彼女からラインが入っていました。「熟睡していたので先に帰りますね。今日は実に気持ち良かった。有難うね。」という申し立てが4ご時世過ぎに入っていました。置いてきぼりは何か寂しかったですが、でも本当に凄い思い出でした。人妻の色欲の凄さを身をもって知ったという感じですね。”

“北海道で人妻と出会いセックスした出会い系サイトクチコミ”

“北海道に周遊中にPCMAXにおいて人妻と出会えたという内容のPCMAX口コミがありました。旅先で出会うはやっぱ興奮しますよね。
【PCMAX口コミ・45年紳士(東京)】
ココで最高の鉢合わせがありました。北海道に旅行することになったんですが、ページでメイルしていた夫人と旅先で会うコミットをしたんです。それは凄い寒い深夜でした。約束したランデブーの場所に行くと自分がすでに強敵多くて、ターゲットの女性が皆目分からなくて結構焦りました。せっかく約束したのに、このまま寂しい深夜を送る案件になってしまうのか、と。そして諦めかけた位、夫人から声をかけてくれたんです。たとえ無事に会う事ができました。本当に嬉しかったです。メイルで周遊広告をお願いしていた意義なんですが、メイルの調よりもどんどん対応が柔らかくて全く実直な夫人だったので、一瞬で気に入ってしまいました。夕飯はお寿司を一緒に食べて、交流も凄く弾んで、極めてよろしい風向きになったので、食後に丸々夜のすすきのへと向かいました。ベッドの上では最初は恥ずかしがって控えめだったんですが、サクサク念願に素直になっていくような感じで、最終的には乱れまくって、そして大きな喘ぎ声を上げていました。セックスが終わった後、何かと話をしている時に白状されたんです。実は人妻ですということを。結婚して6世代目線に関してでした。ただ二度と男子との縁は完全に冷え切っているに関してでした。鉢合わせ間柄において今までに何人かの女性に出会ってきたんですが、人妻様ははじめてでした。そして帰りにはまた今度会おうと言って、進路IDを交換して、抱き合ってそして握手を通じて別れました。あした、都内へ帰るためにエアポートに到着すると、台風の影響で航空が飛ばなかったんです。しかたがないので、その日の宿を探すことにしました。今夜は1自分か、と思いつつも、夕べ進路を交換したので思いきって連絡してみました。人妻なんでNoだろうなぁと思いつつも。そして解答があり、まことに会えるに関してになったんです。そして、すすきののおいしいラーメン屋様に連れていってくれました。旅先で2日間も会えるなんて、至極ビジョンもしていなかったのでほんとに嬉しかったです。彼氏にははなはだサンキュー。ただその日は男子が住居におけるので、セックスダイアログで別れることになりました。短い時間だったんですが、相当暖かい歳月を過ごすことができました。そして今でも一年中メイルをしています。次々彼氏の事が好きになっていきます。そして次は12月に会うコミットをしました。いる住所は1000移動限りも離れているんですが、今ではいよいよ開きはよっぽど気になりませんね。微笑が素敵で手厚く実直な彼氏。旅先での鉢合わせというのは、正に素敵だなぁと思いました。何か好運的ものを感じてしまいます。例え人妻であっても、彼氏との縁はこれからも大切にしたいです。”

“車内でフェラしてくれ精液を収支飲んでくれる人妻”

“フェラチオが大好きだという人妻とのエッチな口コミが綴られたPCMAX口コミです。エッチな人妻って心から多いですよねぇ。
【PCMAX口コミ・43年齢ダディー(滋賀県内)】
PCMAXで知り合ったセフレ関係の人妻がいる。常に会うたびにセックスするような繋がりですが、この前はお互いの都合がつく太陽に主人が月経だったんです。だからたまにはセックスなしでお食事デートを決めるに関してになりました。待ち合わせ場所で主人をモデルに乗せると、エッチ無しのお約束だったのにいつもの病みつきから、洋服の上から乳房を触りたくなってきました。ちょいオッパイを触っただけで、主人の息遣いが荒くなってきました。そういう主人の表情を見ていると気分が高まってきました。我慢できずに胸元にポイントを突っ込んで乳首をコリコリすると、主人のポイントが自然とこちらの股間をまさぐり始めました。そしてジーンズのエッジを外してファスナーを下ろし、ショーツに手を入れてきて、おちんちんをシコシコし始めました。主人はフェラが大好きです。たえず美味しそうにフェラできるんです。モデルを琵琶湖岸のそば行き来に止めて、ズボンを下ろして文書を倒し、主人はぼくに被さってビンビンになったおちんちんを口に含んでくれました。フェラやる主人のノースリーブの洋服をブラごとズリ降ろして、胴むき出しの状態にして乳房を揉みまくりました。主人にはフェラチオノウハウは著しいので、常にどうにもアッという間にイってしまうんです。そしてしょっちゅう精液を根こそぎゴックンできるんです。今回の同じようにしてくれました。そして些か余韻を楽しんだ後に料理に行きました。料理が終わってまた幾らかドライブしていると、またまたエロ一色に進出しました。今しがたと同じようにそば行き来に車を止めて、また特別フェラが始まりました。丁寧に舐めてくれ、そしてまた最高のイカせテクニックにおいてくれて、アッという間に口の中でイってしまいました。もちろん根こそぎ飲んでくれました。本当にフェラが好きな主人です。Mッ気持ちが著しいマミーってフェラが大好きということがおおいですよね。でも恋人以外のパパのちんちんをここまで舐めまくり、毎度当たり前のように精子を飲み干すは強烈にエロいですよね。帰りがけのキスで主人の口から漂う生々しい悪臭が淫らさを演出していました。主人のフェラは果たして癖になって、もはや離れられないですね。”

“41年代の人妻が語る年下の亭主との宿命最高の時”

“41年代の人妻が書いているPCMAX評定です。年下の彼氏との触れ合いがくらしで最高のケースであったと書かれている。確かにアバンチュールの触れ合いではあっても、そのように思えるは最高ですよね。
【PCMAX評定・41年代人妻(岡山県内)】
最上級で出会った25年代の甘い男児がいるんです。3日光前に会って、3回瞳のエッチをしました。まだ体の適性が抜群で最高によかったし、果たして人となりも好ましいし、暖かい最高の男児なんだけど、だからこそ別れるという決定をしました。「これからあたしと会うのは止めた方がいいよ」って、説教じみたことを言いました。やはりこの間柄は普通じゃないといえば普通じゃないわけですから。社会からはアバンチュールの間柄と言われて、どうしても後ろ指を指されるわけですからね。まったく若いし、きめ細かいしファッショナブルんだから、すぐにでも幼くて素晴らしい、素敵な旦那が見つかると思うんです。あたしみたいな40過ぎの人妻と会ってる時間があればちゃんと若い旦那を作りなさいって言いましたよ(笑) そして次の目当ては私のような人妻ではなくて、独り身やつにしなさいと。今までに出会い系サイトをずっと使ってきて、沢山の年下の夫と出会ってきたけど、こんな事を言ったのはいよいよですね。あまりにも相応しい子供だったし、本気で好きになったから。「そこまで言うなら、わかったよ。そうするよ。」って彼氏に言われた時折必ず淋しい胸中になっちゃいましたけどね。でも冷静になって昨今振り返ってみて、さすがこれでよかったとしてます。別れ話をしてからの最後のセックスは、今までのくらしで一体全体最高のカタチでした。セックスの最中に彼氏が泣くので、こちらも年甲斐もなくポロポロと泣いてしまいました。アバンチュールの触れ合いであっても、こんなに嬉しい間柄になれたわけです。彼氏との触れ合いのおかげで、くらしって捨てたものじゃないなぁって思いましたよ。まだまだオーバーな言葉かもしれませんが、生きていく目的を年下の彼氏から教えてもらったような思いもします。本当にありがとう。”

“アブノーマルな娯楽に興味がある人妻をセフレにした”

“人妻のセフレを作るという相手を達することができたという内容の49年代男性が書くPCMAX評定です。そのお顧客がエロい人妻で、色んなアブノーマルな試合を楽しんでいるようですね。こういう人妻のようにアブノーマルな試合に注目はあるけど、父親はよっぽどそんなことしてくれないから、そんな試合を楽しめる顧客を出会い系サイトで探す、というバリエーションは結構多いのかもしれませんね。
【PCMAX評定・49年代夫(長野県内)】
人妻のセフレを作るという相手をどうにか達成することができました! それも大いにエロい人妻なんですよ。今までに5回くらい会ってるんですが、どんどんエロさもエスカレートしていきます。まず最初はこんな感じでした。「次はローター持ってくるからね!」って(笑) そしてまたその次には、「今度は電マ持ってくるから使ってね!」という感じで、会を重ねるたびにジャンジャン過激になってくるんです。色んな出会い系サイト評定に、「人妻はエロい!」とか書かれていますが、今はまさにそれを実感してます。この前のセックスでは、拘束テープを通じてMキーワード開脚状態に既存させて、電マで責めまくるという試合をしました。まぁアブノーマルプレイに慣れているヤツにとっては、これくらいは定番の試合なのかもしれませんが、我々はそんな試合をするのはライフスタイルでやっとだったので、かなり興奮してしまいました。女房もそういった試合は以前からずーっと注目あったらしいんですけど、できる顧客がいなかったって言ってました。父親はそういった試合は絶対にしてくれないらしいですし。マッサージチェアーとか、肘掛付属の椅子とかあったら一層エッチな試合ができるんでしょうけどね。Mキーワード開脚状態で、肘掛に拘束して電マやバイブ責めしてみたいですね。そして隔てや変装とかも次第にしてみたいですね。そういったアブノーマルな試合の後は、スムーズ辺りなどのノーマルなセックスも勿論するわけですが、凄く凝縮で最高に清々しいスムーズ辺りになるんですよね。”

“清楚な人妻がフェラフェチの淫乱女房に豹変するセックス過去記”

“人妻とのセックスが綴られたPCMAX感想です。清楚な人妻が愛撫の最中にスイッチが入って、狂ったようにフェラを始める、というのが正に妙にリアルでエロいですよね。その人妻が加来千賀子似というので、心底最高のお恋人ですよねぇ。
【PCMAX感想・49年代旦那(鹿児島県内)】
こちらはクライマックスで引き続きセクシー日誌を書いていたんですが、そのセクシー日誌を見てメルアドしてきてくれた女性がいました。セクシー日誌ばかり寄稿してるから、日誌がきっかけでの触れ合いなんて絶対無いだろうなと、思ってました。メルアドをくれた婦人のプロフを見てみると、アバターすら弱いしヒミツばかりでターゲットすらスペースだったので、これは一番冷やかしか店先だろうと思いました。なので最初は放置しようと思ってたんだけど、実に何度かメールするうちにズルズルと会う保証を通してしまったんです。そして半信半疑という内心でランデブーのビッグアルティメットパーキングへ行きました。巨漢が来たりドブスが来たりしたら逃げようとしてました。すると淡いピンク色の愛らしい軽が隣席に停まったんです。そしてその軽から、色白で細身、加来千賀子にノリが通じる綺麗な女性が降りてきました。ここはアルティメットだからカスタマーだろとしてたら、助っ人ダッグアウトの窓をコンコンとノックされました。あれれ!メチャクチャ!?心底?41年代で身長は160㎝で、おっぱいはCカップ。一際脚が秀麗でした。そこまで見越しはしていなかっただけに、ちゃんと楽しい誤算でした。そして単に近くの古びたラブホに行きました。旅館のルームに入って一気に甘くキス。胸に戦略を当てただけで妻は溜息を漏らした。もう一度その時点でちん○は一生懸命勃起段階。入ったラブホは思い切り古くて、支払いはすこぶるシューターだったんです。二人で思い出深いね~~と感激しながら笑ってしまいましたよ。今でもシューターってあるんですねぇ。そしてソファでキス。舌を絡ませると、アアンと身悶えてこれから今日まれに見るほどの一生懸命勃起。とっくに我慢できなかったのでこのままソファーでやっちゃいたかったけど、オッサンおやじの己はほとんど臭いからたとえ我慢してお風呂へ。お湯を弾力に風呂場へ行ってみると、想像した以上にずいぶん狭苦しい。二人で入ると全く手狭みたい。浴槽でネチョネチしてハメハメするのが好物だけど無事かな。ソファーでしばし内容をする。陳述をゆったり聞いてみると、子が二人いるらしい。パパは長年来訪が多くて、セックス返答段階が行き渡るらしい。普段は絶対に言わないようなことまで何かと話してくれた。なかなか話し込んだので、気が付いたらお風呂が溢れてるっ!流石に二人で入るとキツかったけど、背後からとうにツンと立った乳首を両手でクリクリするとアアン、アアンと悶えている。右で乳首をクリクリしながら左を少しずつ下へ。既にベタベタだった。クリをクリクリするとビクッとして著しく悶え始めた。更に入れたく入れたくて手なかったけどここは我慢する。身体を拭き合い、歯みがきを通して本当にベッドへ。上がって来た妻が「もう暗くして素晴らしい?」と聞いてきたので、「無理」と答える。「くんの良い裸を敢然と見たいから」などと言いながら唇を重ねる。熱い溜息と僕悶える身体。お碗等級の綺麗な牛乳が実に眩しい。ピンと立った乳首を口に含んで舌を転がすとアアンと身体を仰け反らして感じている。ともの牛乳を揉みながら、へそにかけて舌を這わせていき、ゆっくりと潤ったアソコへ。淫靡な香りを放つアソコは既に渦段階。大きくなる喘ぎサウンドに応答してこちらのおちんちんも我慢汁でやたらになっている。ピンク色に染まったクリを舌や唇でやさしく愛撫する。ザクザク溢れてくる情愛液。二度とキスをしながら妻の戦略をおちんちんに誘うと、狂ったようにフェラをし始めた。こいつにはまさかびっくり。清楚さの中の淫乱。いやに理想のママだ。姿勢を変えて69に。バックに回り、背中に舌や這わせ、両牛乳を揉みしだくと入れてほしいという態勢。気付かない風を通して後ろからクリを刺激すると「要望、既に入れて」と懇願された。こちらがベットに仰向けになると、実に手慣れた外観で口を使ってゴムを着けてきた。こいつには心底驚く。ひょっとして、風俗の経験があるのかな? 専ら騎乗弱から座弱、後背弱、スムーズ弱、まんじ切り崩しに騎乗後背弱と何度も姿勢を変えて挿入する。妻は何回イッタのかもう思い付かくらいだ。「なるほど涼しい!気持ちよいよ~!」と連呼していた。ただこちらは流石にもっと若々しくないし、一時イッたらこれから無理みたいだ。以後、二人で風呂に入って身体を洗いっこした。そしてお茶を飲みながら、また会う保証を通してこういう古びたラブホを出た。待ち合わせた場所に送り届けながらちょっと気になったのが、妻の風貌に陰りが見える部分。何か濃い不安があるのかも知れない。でも、そういった関係で深入りは出来ないし、してはいけないという。「それではまたね!」と戦略を振った場合その陰りが再びきつくなった気がした。一体全体また会えるのだろうか。”