“車内でフェラしてくれ精液を収支飲んでくれる人妻”

“フェラチオが大好きだという人妻とのエッチな口コミが綴られたPCMAX口コミです。エッチな人妻って心から多いですよねぇ。
【PCMAX口コミ・43年齢ダディー(滋賀県内)】
PCMAXで知り合ったセフレ関係の人妻がいる。常に会うたびにセックスするような繋がりですが、この前はお互いの都合がつく太陽に主人が月経だったんです。だからたまにはセックスなしでお食事デートを決めるに関してになりました。待ち合わせ場所で主人をモデルに乗せると、エッチ無しのお約束だったのにいつもの病みつきから、洋服の上から乳房を触りたくなってきました。ちょいオッパイを触っただけで、主人の息遣いが荒くなってきました。そういう主人の表情を見ていると気分が高まってきました。我慢できずに胸元にポイントを突っ込んで乳首をコリコリすると、主人のポイントが自然とこちらの股間をまさぐり始めました。そしてジーンズのエッジを外してファスナーを下ろし、ショーツに手を入れてきて、おちんちんをシコシコし始めました。主人はフェラが大好きです。たえず美味しそうにフェラできるんです。モデルを琵琶湖岸のそば行き来に止めて、ズボンを下ろして文書を倒し、主人はぼくに被さってビンビンになったおちんちんを口に含んでくれました。フェラやる主人のノースリーブの洋服をブラごとズリ降ろして、胴むき出しの状態にして乳房を揉みまくりました。主人にはフェラチオノウハウは著しいので、常にどうにもアッという間にイってしまうんです。そしてしょっちゅう精液を根こそぎゴックンできるんです。今回の同じようにしてくれました。そして些か余韻を楽しんだ後に料理に行きました。料理が終わってまた幾らかドライブしていると、またまたエロ一色に進出しました。今しがたと同じようにそば行き来に車を止めて、また特別フェラが始まりました。丁寧に舐めてくれ、そしてまた最高のイカせテクニックにおいてくれて、アッという間に口の中でイってしまいました。もちろん根こそぎ飲んでくれました。本当にフェラが好きな主人です。Mッ気持ちが著しいマミーってフェラが大好きということがおおいですよね。でも恋人以外のパパのちんちんをここまで舐めまくり、毎度当たり前のように精子を飲み干すは強烈にエロいですよね。帰りがけのキスで主人の口から漂う生々しい悪臭が淫らさを演出していました。主人のフェラは果たして癖になって、もはや離れられないですね。”

“41年代の人妻が語る年下の亭主との宿命最高の時”

“41年代の人妻が書いているPCMAX評定です。年下の彼氏との触れ合いがくらしで最高のケースであったと書かれている。確かにアバンチュールの触れ合いではあっても、そのように思えるは最高ですよね。
【PCMAX評定・41年代人妻(岡山県内)】
最上級で出会った25年代の甘い男児がいるんです。3日光前に会って、3回瞳のエッチをしました。まだ体の適性が抜群で最高によかったし、果たして人となりも好ましいし、暖かい最高の男児なんだけど、だからこそ別れるという決定をしました。「これからあたしと会うのは止めた方がいいよ」って、説教じみたことを言いました。やはりこの間柄は普通じゃないといえば普通じゃないわけですから。社会からはアバンチュールの間柄と言われて、どうしても後ろ指を指されるわけですからね。まったく若いし、きめ細かいしファッショナブルんだから、すぐにでも幼くて素晴らしい、素敵な旦那が見つかると思うんです。あたしみたいな40過ぎの人妻と会ってる時間があればちゃんと若い旦那を作りなさいって言いましたよ(笑) そして次の目当ては私のような人妻ではなくて、独り身やつにしなさいと。今までに出会い系サイトをずっと使ってきて、沢山の年下の夫と出会ってきたけど、こんな事を言ったのはいよいよですね。あまりにも相応しい子供だったし、本気で好きになったから。「そこまで言うなら、わかったよ。そうするよ。」って彼氏に言われた時折必ず淋しい胸中になっちゃいましたけどね。でも冷静になって昨今振り返ってみて、さすがこれでよかったとしてます。別れ話をしてからの最後のセックスは、今までのくらしで一体全体最高のカタチでした。セックスの最中に彼氏が泣くので、こちらも年甲斐もなくポロポロと泣いてしまいました。アバンチュールの触れ合いであっても、こんなに嬉しい間柄になれたわけです。彼氏との触れ合いのおかげで、くらしって捨てたものじゃないなぁって思いましたよ。まだまだオーバーな言葉かもしれませんが、生きていく目的を年下の彼氏から教えてもらったような思いもします。本当にありがとう。”

“アブノーマルな娯楽に興味がある人妻をセフレにした”

“人妻のセフレを作るという相手を達することができたという内容の49年代男性が書くPCMAX評定です。そのお顧客がエロい人妻で、色んなアブノーマルな試合を楽しんでいるようですね。こういう人妻のようにアブノーマルな試合に注目はあるけど、父親はよっぽどそんなことしてくれないから、そんな試合を楽しめる顧客を出会い系サイトで探す、というバリエーションは結構多いのかもしれませんね。
【PCMAX評定・49年代夫(長野県内)】
人妻のセフレを作るという相手をどうにか達成することができました! それも大いにエロい人妻なんですよ。今までに5回くらい会ってるんですが、どんどんエロさもエスカレートしていきます。まず最初はこんな感じでした。「次はローター持ってくるからね!」って(笑) そしてまたその次には、「今度は電マ持ってくるから使ってね!」という感じで、会を重ねるたびにジャンジャン過激になってくるんです。色んな出会い系サイト評定に、「人妻はエロい!」とか書かれていますが、今はまさにそれを実感してます。この前のセックスでは、拘束テープを通じてMキーワード開脚状態に既存させて、電マで責めまくるという試合をしました。まぁアブノーマルプレイに慣れているヤツにとっては、これくらいは定番の試合なのかもしれませんが、我々はそんな試合をするのはライフスタイルでやっとだったので、かなり興奮してしまいました。女房もそういった試合は以前からずーっと注目あったらしいんですけど、できる顧客がいなかったって言ってました。父親はそういった試合は絶対にしてくれないらしいですし。マッサージチェアーとか、肘掛付属の椅子とかあったら一層エッチな試合ができるんでしょうけどね。Mキーワード開脚状態で、肘掛に拘束して電マやバイブ責めしてみたいですね。そして隔てや変装とかも次第にしてみたいですね。そういったアブノーマルな試合の後は、スムーズ辺りなどのノーマルなセックスも勿論するわけですが、凄く凝縮で最高に清々しいスムーズ辺りになるんですよね。”

“清楚な人妻がフェラフェチの淫乱女房に豹変するセックス過去記”

“人妻とのセックスが綴られたPCMAX感想です。清楚な人妻が愛撫の最中にスイッチが入って、狂ったようにフェラを始める、というのが正に妙にリアルでエロいですよね。その人妻が加来千賀子似というので、心底最高のお恋人ですよねぇ。
【PCMAX感想・49年代旦那(鹿児島県内)】
こちらはクライマックスで引き続きセクシー日誌を書いていたんですが、そのセクシー日誌を見てメルアドしてきてくれた女性がいました。セクシー日誌ばかり寄稿してるから、日誌がきっかけでの触れ合いなんて絶対無いだろうなと、思ってました。メルアドをくれた婦人のプロフを見てみると、アバターすら弱いしヒミツばかりでターゲットすらスペースだったので、これは一番冷やかしか店先だろうと思いました。なので最初は放置しようと思ってたんだけど、実に何度かメールするうちにズルズルと会う保証を通してしまったんです。そして半信半疑という内心でランデブーのビッグアルティメットパーキングへ行きました。巨漢が来たりドブスが来たりしたら逃げようとしてました。すると淡いピンク色の愛らしい軽が隣席に停まったんです。そしてその軽から、色白で細身、加来千賀子にノリが通じる綺麗な女性が降りてきました。ここはアルティメットだからカスタマーだろとしてたら、助っ人ダッグアウトの窓をコンコンとノックされました。あれれ!メチャクチャ!?心底?41年代で身長は160㎝で、おっぱいはCカップ。一際脚が秀麗でした。そこまで見越しはしていなかっただけに、ちゃんと楽しい誤算でした。そして単に近くの古びたラブホに行きました。旅館のルームに入って一気に甘くキス。胸に戦略を当てただけで妻は溜息を漏らした。もう一度その時点でちん○は一生懸命勃起段階。入ったラブホは思い切り古くて、支払いはすこぶるシューターだったんです。二人で思い出深いね~~と感激しながら笑ってしまいましたよ。今でもシューターってあるんですねぇ。そしてソファでキス。舌を絡ませると、アアンと身悶えてこれから今日まれに見るほどの一生懸命勃起。とっくに我慢できなかったのでこのままソファーでやっちゃいたかったけど、オッサンおやじの己はほとんど臭いからたとえ我慢してお風呂へ。お湯を弾力に風呂場へ行ってみると、想像した以上にずいぶん狭苦しい。二人で入ると全く手狭みたい。浴槽でネチョネチしてハメハメするのが好物だけど無事かな。ソファーでしばし内容をする。陳述をゆったり聞いてみると、子が二人いるらしい。パパは長年来訪が多くて、セックス返答段階が行き渡るらしい。普段は絶対に言わないようなことまで何かと話してくれた。なかなか話し込んだので、気が付いたらお風呂が溢れてるっ!流石に二人で入るとキツかったけど、背後からとうにツンと立った乳首を両手でクリクリするとアアン、アアンと悶えている。右で乳首をクリクリしながら左を少しずつ下へ。既にベタベタだった。クリをクリクリするとビクッとして著しく悶え始めた。更に入れたく入れたくて手なかったけどここは我慢する。身体を拭き合い、歯みがきを通して本当にベッドへ。上がって来た妻が「もう暗くして素晴らしい?」と聞いてきたので、「無理」と答える。「くんの良い裸を敢然と見たいから」などと言いながら唇を重ねる。熱い溜息と僕悶える身体。お碗等級の綺麗な牛乳が実に眩しい。ピンと立った乳首を口に含んで舌を転がすとアアンと身体を仰け反らして感じている。ともの牛乳を揉みながら、へそにかけて舌を這わせていき、ゆっくりと潤ったアソコへ。淫靡な香りを放つアソコは既に渦段階。大きくなる喘ぎサウンドに応答してこちらのおちんちんも我慢汁でやたらになっている。ピンク色に染まったクリを舌や唇でやさしく愛撫する。ザクザク溢れてくる情愛液。二度とキスをしながら妻の戦略をおちんちんに誘うと、狂ったようにフェラをし始めた。こいつにはまさかびっくり。清楚さの中の淫乱。いやに理想のママだ。姿勢を変えて69に。バックに回り、背中に舌や這わせ、両牛乳を揉みしだくと入れてほしいという態勢。気付かない風を通して後ろからクリを刺激すると「要望、既に入れて」と懇願された。こちらがベットに仰向けになると、実に手慣れた外観で口を使ってゴムを着けてきた。こいつには心底驚く。ひょっとして、風俗の経験があるのかな? 専ら騎乗弱から座弱、後背弱、スムーズ弱、まんじ切り崩しに騎乗後背弱と何度も姿勢を変えて挿入する。妻は何回イッタのかもう思い付かくらいだ。「なるほど涼しい!気持ちよいよ~!」と連呼していた。ただこちらは流石にもっと若々しくないし、一時イッたらこれから無理みたいだ。以後、二人で風呂に入って身体を洗いっこした。そしてお茶を飲みながら、また会う保証を通してこういう古びたラブホを出た。待ち合わせた場所に送り届けながらちょっと気になったのが、妻の風貌に陰りが見える部分。何か濃い不安があるのかも知れない。でも、そういった関係で深入りは出来ないし、してはいけないという。「それではまたね!」と戦略を振った場合その陰りが再びきつくなった気がした。一体全体また会えるのだろうか。”

“一夜限りのロマンスが天命最大の色恋へと発展していく41年齢人妻の白状”

“「一夜限りの色恋の腹積もりが、天命で最大の恋に発展していく」。そういう事って出会い系サイトでの触れ合いではよくあることのように思えます。ロマンスというのは、ちゃんとどうして発展していくのか、一向に分からないですよね。そこにはセックスの性質というのも激しく絡んでくるんでしょう。
【PCMAX評定・41年熟奥様(熊本県内)】
ここで知り合った独力の紳士と一夜限りの彼ごっこを楽しみました。人様は会って即旅館なんてこともあったけど、旦那は夜景を見に連れて行ってくれて、それからドライブして、オートマティックセドリ機で一緒に飲み物を買う、、そういうありきたりのデートがわたくしには大いにフレッシュでした。一緒にいるときはやさしく髪を撫でてくれ、今までの彼にもされたことのないくらい丁寧にそして大切に扱ってくれた。本当に幸せで気持ちよい年月でした。真夜中、予め睡魔は襲ってきて、引き続き旅館へ行きました。ベットの中で旦那は、「きちんと近づかないで。襲っちゃう。」と髪をやさしくなでながら、抱きしめながらそんなことを言ってくれます。でももう一度わたくしは根性を固めていたのでわざと近くに行って旦那の頭の中で面持ちを埋めてみた。「タブーでしょ?襲うよ?」と言いながらも抱きしめた手段を離さない。じれったいなぁ、、と思ったわたくしは背中を向けて、旦那の手の内が私の胸に触れるようにした。そして更に理性を飛ばしてあげたくて、握りこぶしにキスを通してみた。これで完全にストッパーはなくなった。「○○をマジとして素晴らしい?」と、私のしょうもない耳に旦那はブレスを吹きかけながらささやいた。わたくしはうなずいた。旦那の物質を頭にかけ挟むと旦那の物質は激しく硬くなっていく。そしてわたくしは驚くこととなる。「ヤバくない??え、、40過ぎてここまで反り返る??」わたくしは驚いてしまった。そしてそれが中に入った折、今まで届かなかったゾーンに当たって全身のアビリティーは完全に抜けていった。なにここ、、こんなにも清々しいものだっけ。この人恐ろしい、、嵌る。その間も髪をなで、手厚くキスを通してくれ、大切に大切に扱われた。一夜限りの彼ごっこだったのに、ふたたび会いたい、、家柄悪行を犯してでも会いたい。そう思っている自分がいることに旦那と離れてから気づいた。”

“騎乗間近が大好きな46年熟レディースの秘密のラブホデート”

“46年の熟女子が書くPCMAX感想です。ウィークデーの昼から奔放にラブホでセックスデートを重ねているようですね。騎乗等が大好きなようです。エロい熟女子の騎乗等って意外と気持ちよいでしょうね。三線の訓練前にひとまずセックスして、また戻ってきてセックスするというのも凄いですね(笑)
【PCMAX感想・46年熟女子(神奈川県内)】
こんばんは。亭主と1戦交えてから2時間程度三線訓練でアタシ1人だけラブホを抜け出しました。1戦瞳は大好きないつもの騎乗等から円滑位で亭主の溜まった品物が丸ごと噴出。もうちょっと時間かけたかったけど久し振りだったし亭主の忍耐が持たずにフィニィシュ~。でも萌えましたよ~。で三線訓練からラブホに戻ってから退室の時間までは約1時間前後。戻ると亭主が猫が持ち主に甘えるように背中から「ゴロニャ-ゴ」って(笑) それが何か可愛かったしせっかくだからサクッと2戦瞳。今度はお留守番のご褒美に中取り出しサ-ビスしちゃいましたよ。チャック圏外20食い分前に終焉。今日はふとしたハブニングもありましたけど甚だだいぶ明るいデ-トでしたぁ。三線訓練を間に挟んでの2回戦は甚だしく気持ちよかったです。”

“熟女の魅力に初めて取り憑かれた最高のフェラチオ”

“熟女の魅力について綴られたPCMAXの感想がありました。こういうダディもそうですが、若々しい婦人が終始歓迎だったのに、とある自分の熟お母さんに出会って完全に熟女好きになってしまった、というバリエーションって多いようですね。そして先ず熟女の魅力を知ってしまうと二度と離れられないに関してなんでしょう。
【PCMAX感想・36年齢ダディ(大阪府)】
どうしてもコッテリドスケベさがあるのは大人な熟お母さんですねぇ。非常識ドスケベくてすでにヘロヘロになってしまいます。やっぱり積み増しが違うんかなぁ。若い長女も可愛くてえぇニュアンスなんですが、コッテリドスケベの大人な女性はたまらなく好きです。そういった熟女の魅力に何とか取り憑かれたのは恵美氏に出会った5クラス前にさかのぼります。それまでは普通に若い子歓迎でしたから。恵美氏はセックスする前から、その色気ムンムン、フェロモンたっぷりという雰囲気だけで二度とイチコロされたようなニュアンスでした。最初は正午にファミレスでご飯を食べたんですが、途中から股間がギラギラになってドリンクバーも取りに行けない様態でしたね(笑) 旅館に着くうちには、射精したのかと思うくらいに忍耐汁でブリーフがベトベトになっていました。そんな状態で旅館に着いて直ちにシャワーも浴びずに弄り合い、そしてフェラしてもらったんです。ホントに今や一瞬でイってしまいました。ライフでトップ気持ちよかったフェラでした。どうして熟お母さんってこれ程フェラが賢いんでしょうね。その後は恵美氏のボディーを貪るように舐め回しました。今でもライフでトップ興奮したセックスでした。恵美氏、今頃どうしてしてるかなぁ。”